【YODAKACROSS】一酸化炭素チェッカー

    一酸化炭素チェッカー 警報機 けむり感知 防災用品 キャンプアラーム 中毒 防止 自宅用 車中泊 YODAKACROSS

    【記事内広告(全幅無効化)】

     



     

    • 【収納袋付き】単三電池x3個で動作します。高精度化学センサーなので細微な二酸化炭素も感知します。取付工事もとても簡単です。キャンプや車中泊の際に安心して過ごせます。家庭用としてもキッチンやリビングに設置することで一酸化炭素中毒から家族を安全に守ることができます
    • 【好感度センサーとアラーム音で危険を知らせます】危険を感知すると赤い警報ランプが光り危険を知らせます。大音量アラーム音で遠くに離れる人や寝ている時人にもしっかりと伝えられます。一酸化炭素の濃度レベルは表示パネルに表示されるのでどの程度危険か自分で把握することが可能です。自動で感知するので一度ボタンを押して設定しておけばあとは何もしなくて大丈夫です。一酸化炭素の濃度量によって警報が異なります。例えば少ない一酸化炭素濃度量でも長時間吸うと危険です。その場合もこの警報機なら低濃度で長時間感知した場合にもアラームが作動するので安心です。
    • 【あらゆるシーンで活躍します】日本メーカーとして品質にこだわり、出荷前の検品も全数実施しています。一酸化炭素が出る場面は暖房器具やキッチン、車の排気ガス等多岐に渡りますが、そのすべてに対応可能です。動作温度は5-45℃です。一般的に乾電池3本で1年程度作動します。また電池寿命が少なくなってきた際もアラームで知らせますので電池切れによる心配もありません。類似商品で同機能をうたっているものもありますがYODAKACROSSはアマゾン当ショップ以外で販売しておりませんのでご注意ください
    • 【危険を感知して知らせます】一酸化炭素は目に見えず、無色無味なため、五官では察知できない気体です。それだけに一酸化炭素警報器の設置は重要となります。ご利用の前に本説明書を最後までご確認の上、一酸化炭素と本警報器、そして警報が鳴った時の対処法を御理解ください。警報器は人が感知できない一酸化炭素を感知するために設計されております。一酸化炭素は故障した湯沸器、ガスコンロやガソリンエンジン等から発生します。警報器は一定量を越えた一酸化炭素しか感知しません。一酸化炭素の発生源と離れていると感知できない恐れがあります。警報器との間にドアや窓などの障害物があったり、通気口や空いている窓から流れて来る気流によって正常に作動しない場合があります。  建物内で使用する場合は、階層が分かれると作動しない恐れがありますので各階に一酸化炭素警報器の設置を推奨します。  本警報器は天然ガス(メタン)、プロパンやエタンなど他の可燃性気体の感知に使用できません。
    • 【警報作動濃度】 以下の通り感知した一酸化炭素量に応じて警報が鳴ります ・50PPMの状態が60~90分続いた時 ・100PPMの状態が10~40分続いた時 ・300PPMの状態が3分続いた時
    livita

    livita

    live(暮らし) + vita(生活) = livita(リヴィータ)。 独自のセレクトでお薦めの生活用品や雑貨をご紹介しています。

    関連アイテム

    こちらのアイテムもいかがでしょう?

    TOP