【KAI(貝印)】包丁研ぎ器 ダイヤモンド&セラミックシャープナー

貝印 KAI シャープナー(包丁研ぎ器)ダイヤモンド & セラミック 日本製 AP0308

  • 角度を自分で調整する必要なく性質の違う3種類(ダイヤモンド・セラミック2種)の砥石を順番使うことで、切れ味を簡単に蘇えらせることが可能
  • コンパクトサイズで流しの引き出しやシンク下にも簡単に収納
  • サイズ:141×51×55mm
  • 本体重量:96g
  • 素材・材質:本体/ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、透明カバー/AS(アクリロニトリル・スチレン)樹脂・ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂・エラストマー樹脂、砥石/ダイヤモンド砥石・セラミック砥石
  • 原産国:日本

サイズ:141×51×55mm
本体重量:96g
素材・材質:本体/ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、透明カバー/AS(アクリロニトリル・スチレン)樹脂・ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂・エラストマー樹脂、砥石/ダイヤモンド砥石・セラミック砥石
原産国:日本

―砥ぎの3STEP―
STEP1.研削能力の高い粗目のダイヤモンド砥石を使用し、磨耗した刃先を削りとります。
STEP2.セラミック砥石を使用し、刃先を薄くすることで、切れ味を向上させます。
STEP3.仕上げに、細かいセラミック砥石を使用し、刃の先端を滑らかに整えます。

滑り止めゴムでしっかり固定

底面に滑り止めのゴムが付いているので左手で押さえ、しっかりと固定できる

収納はコンパクトに

研ぐ部分は透明カバーの中に押し込むことができ、コンパクトなサイズ
流しの引き出しやシンク下にも楽に収納できる

関に継承された伝統、名刀の極み

鎌倉時代に九州から関(美濃)に移り住んだ刀鍛冶が、良質の土、水、炭に恵まれたこの地で、刀剣作りをはじめたのが関鍛冶の起源。
多くの名刀が生まれたが、名匠「関の孫六」は独特の作刀を工夫し、美しく芸術性の高い、切れ味の抜群な最上の業物を世に送り出した。
江戸から明治と時代は変遷し、関の刀匠たちの多くが家庭用刃物の製造へと転業した。
関の刀剣が「折れず曲がらず、よく切れる」と称賛された信念は、現代の刃物作りにもしっかりと受け継がれている。
「関孫六」の銘は27代目兼元、刀匠 金子孫六氏によるもので、匠の技を生かしながら、その切れ味を現代に伝えている。

関連アイテム